卵殻膜美容液のおすすめランキング

女性にとって、プリプリでハリのある肌は一生キープしておきたい宝物ですよね。ですが、加齢や生活習慣によって肌には様々な悩みが出てきます。

「なんだか肌がたるんで老けて見える」「ファンデーションやハイライトで肌の悩みをごまかすことが増えた」「小じわが目立ってきて憂鬱」

なんて、鏡を見るたびに憂鬱になってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、どんなケアをしたら良いのか分からない
本当に肌に良いスキンケアが知りたい
このまま肌が劣化していくのは嫌

そんな悩める女性に注目されているのが、21世紀の新しい美容成分である卵殻膜です。

卵殻膜は、卵の内側の薄い皮からとれる成分で、加齢に伴う肌の悩みへの様々な効果が期待できるのが魅力となっています。卵殻膜は、肌の曲がり角でお悩みの女性に特におすすめな美容成分なのです。

とはいえ、なかなか聞きなれない卵殻膜…

「商品選びのコツは?」「卵殻膜ならどの化粧品を買っても同じなの?」「これを買っておけば間違いない商品はある?」「そもそも卵殻膜ってどういうものなの?」と疑問が出てきますよね。

ということで今回は、卵殻膜が気になる方のために基本の知識とおすすめの卵殻膜美容液をまとめました、是非参考にしてみてくださいね。

卵殻膜って何?

そもそも卵殻膜がどういうものなのかをお話しします。

冒頭でも軽く説明しましたが、卵殻膜とは卵の薄皮からとれる美容成分を指します。

みなさんは、どうして鳥の赤ちゃんが卵の中でも成長できるかを考えたことがありますか?人間であればへその緒を通して、お母さんから直接栄養が行き渡りますが、卵の中では親鳥から栄養をとることはできませんよね。

その秘密が卵殻膜なのです。卵殻膜には雛鳥が卵の中で、羽を生やしたり体を成長させる成分が含まれることが分かってきました。また、昔から傷を早く治すために、怪我をしたときに傷口に卵の薄皮を貼るという使われ方もしていました。卵殻膜には、細胞や肌へ直接アプローチできる効果があります。

卵殻膜の成分が美容に効果的と発見されてからは、美白効果のあるサプリメントや、肌にハリを与える美容液など、様々な商品に配合されています。

卵殻膜美容液で得られる具体的な美容効果まとめ

「卵殻膜が注目されているのは分かるけど、他の美容成分と何が違うの?」「卵殻膜ってそんなに効果があるの?」「卵殻膜美容液を使いたくなる効果が知りたい」という方のために、ここでは卵殻膜で得られる美容効果をまとめてみました。

卵殻膜に興味のある方、卵殻膜のことがよくわかっていない方は是非チェックしてみてくださいね。

美肌に絶対不可欠なⅢ型コラーゲンを作り出す

美肌に欠かせないⅢ型コラーゲンは、25歳を境にどんどん減少していきます。

しかも、Ⅲ型コラーゲンは食べ物は日常生活で増やすことができません
そこで、卵殻膜の出番です。卵殻膜によって美肌細胞が増えて、肌のみずみずしさや弾力がアップ、Ⅲ型コラーゲンをどんどん生成してくれますよ。

Ⅲ型コラーゲンがしっかりとある肌は、水分量が豊富で乾燥知らず…さらに、ハリがあってもっちりと気持ちの良い感触なのです。

また、日焼けなどで肌が紫外線ダメージを負ってしまっても、再生力の高さでシミやそばかすを予防することもできるので、肌に悩みがある人は必ずⅢ型コラーゲンを増やす必要があります。

参考:「Ⅲ型コラーゲンとは。卵殻膜との関係

美肌成分であるシスチンの力でアンチエイジング

卵殻膜には、美肌作りには必要不可欠なシスチンという成分が豊富に含まれています。

なんと、卵殻膜に含まれているシスチンの量は一般的な人の肌のおよそ5倍もあります。

シスチンは肌の新陳代謝を上げてくれるので、乱れた肌のターンオーバーの周期を整えてくれますよ。ニキビや出来物に悩む方は、ターンオーバーのサイクルが整うことで、肌荒れの原因となる要らない角質を排出できます。

さらに、シスチンには古い角質や汚れを肌に溜め込まない作用もあるので、アンチエイジング効果も期待できます。いつでも肌を最高の状態でキープしてくれるので、シミやそばかすに悩む心配も要りません。
さらにさらにシスチンには美白効果もありますから、使い続けることで肌のトーンがぐっと上がること間違いなしですよ。

顔周りがぎゅっと引き締まる

卵殻膜にはシワやたるみを予防、改善してくれる若返り成分も配合されています。

顔の脂肪がとれて小顔になるわけではありませんが、たるみがなくなることで劇的にフェイスラインがスッキリしますよ。

美容整形で大人気のリフトアップという施術がありますが、施術後はフェイスラインがぐいっと上がって、全体的に引き締まったように見えますよね。あれも、お肉がとれて小顔になったわけではなく、たるみがなくなったことによる小顔効果なのです。

卵殻膜の効果も同じようなことで、たるみが改善されることで、下に下に集中していた顔のラインが上の方に修正されます。そうすると、目線も上の方に集まるので、誰が見ても「あれ?痩せた?」「なんだかしゅっとしたね」と言ってもらえるようなフェイスラインが手に入るのです。

参考:「卵殻膜のシワやたるみへの作用

肌作りに欠かせない成分を補給できる

卵殻膜の魅力は、Ⅲ型コラーゲンだけではありません。

肌作りに欠かせないアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸も豊富に含まれているのです。

しかも、卵殻膜に含まれているこれらの美容成分は、人間の髪や肌ととても近い状態なので吸収率が凄く良いんですよ。通常のスキンケアよりも良い状態で、さらに豊富に取り入れることができるのが嬉しいポイントです。

アミノ酸には健康な肌をキープして、うるおいを補給してくれる役割があります。コラーゲンは肌に弾力を与えてくれるので、プリっとしたシワのない美肌に導いてくれますよ。美容成分のなかでもサプリメントやスキンケアと、さまざまな分野で活躍している成分です。

そして、美肌作りで忘れてはいけないがヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸は肌の水分を抱え込んで、外に逃げていかないようにキープしてくれる役割がありますよ。加齢とともにどんどん減ってしまうことで、うるおいが不足してシワやかさつきの原因にもなります。

つまり、どんなに肌に水分を入れてもヒアルロン酸が不足していたら意味がないということです。ヒアルロン酸を肌に取り入れることで、スキンケアで導入した水分が無駄なく浸透してくれますよ。

肌トラブルが早く改善する

先ほど、卵殻膜には肌の代謝をアップさせて、ターンオーバーのサイクルを整える効果があるとお話ししました。

ターンオーバーとは、古い角質がとれて、新しい肌細胞を作り出すというリズムのことです。このターンオーバーが活性化することで、始めに話したアンチエイジングやニキビ予防以外の効果も見込めます。それは、肌トラブルをスピーディーに改善してくれる効果です。

肌の代謝が上がることで、ニキビや吹き出物の炎症が早く静まったり、日焼けで赤くなった肌ももとに戻りやすくなりますよ。さらに、日焼けをしすぎて黒くなってしまった肌も、肌サイクルをどんどん活性化させることで、本来の白い肌に導いてくれるのです。卵殻膜は古くから、お相撲さんの傷を早く治すために貼り薬としても使われてきました。それほど、卵殻膜の肌を生まれ変わらせる力は、昔から沢山の人に認められていたのです。

「ニキビあとがなかなか治らない」「頑固な吹き出物を落ち着かせたい」「1年前の日焼けがもとに戻らない」など、肌の治癒力が低いことでお悩みの方は、卵殻膜を試すことで肌に力がみなぎるのを実感することができますよ。1度低くなってしまった肌の力は、自力で元通りにすることは難しいですから、卵殻膜のパワーを借りて高めていきましょう。

導入液 卵殻膜美容液の失敗しない選び方

卵殻膜といえば、今の美容業界で注目度No1といっても過言ではない美容成分です。「卵殻膜美容液」と検索すると、さまざまな商品がヒットしますよね。

「どれを選べば良いの?」「卵殻膜が入っていればどれも同じなの?」「たくさん商品がありすぎて迷っちゃう」という方も多いのではないでしょうか?ということで、次は卵殻膜美容液の失敗しない選び方を、3つのポイントにまとめてご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

1.卵殻膜エキスの配合率に注目

卵殻膜の美容効果を最大限に肌に反映させるためには、卵殻膜エキスの配合率に注目してみてくださいね。配合率が96パーセントを越える美容液もありますから、高ければ高いほど効果が得られやすいと言えますよ。

反対に卵殻膜エキスの配合割合の表記がないものや、配合率が低い商品では効果なしと実感できませんから、選ぶときにはしっかりと配合率をチェックしてみてくださいね。

さらに、卵殻膜美容液のなかには、高濃度卵殻膜エキスが含まれている商品もあります。

特別な製法で卵殻膜エキスをぎゅっと濃縮して配合してあるので、通常の量を使っても高い効果を実感することができますよ。高濃度卵殻膜エキスは、卵殻膜に含まれるアミノ酸や若返り成分の量も格段にアップしていますから、よりスピーディーに美肌が手に入ります。

2.卵殻膜エキス以外の美容成分も要チェック

卵殻膜エキスの配合率をチェックしたら、次は卵殻膜エキス以外の美容成分にも注目してみましょう。美容液をはじめとするスキンケアアイテムは、さまざまな成分が混ざりあって作られています。配合されているの美容成分によっては、相乗効果で卵殻膜の美容効果をスムーズに実感することができますよ。

美容成分をチェックするときは、自分の肌の悩みに対応してくれる成分かを見極めるのも大切です。

例えば、肌のかさつきが気になるならヒアルロン酸、シミやシワ、たるみを改善したいならプロテオグリカンというように、悩みによって必要とする美容成分もさまざまですよ。引き締め効果をもたらしてくれるEGF、多方面から肌にアプローチをかけてくれる天然植物オイルも、美肌のためには欠かせない美容成分となっています。

3.毎日の快適なお手入れを左右するテクスチャーを吟味する

卵殻膜の量や、美容成分を吟味したあとはテクスチャーをチェックするのも重要です。

テクスチャーとは、美容液の触り心地のことを指します。自分好みのテクスチャーではない卵殻膜美容液だと、毎日のお手入れが憂鬱になってしまったり、そのあとのスキンケアとの相性が悪くて効果が半減してしまいますよ。

肌のかさつきや、シミ、シワ、たるみなどの加齢に伴う悩みの方は、こってりとした重めのテクスチャーがおすすめです。肌にピタッと貼り付いて成分も浸透してくれますし、もっちりとした潤いのある仕上がりになりますよ。反対に「ニキビや出来物などの肌トラブルをどうにかしたい」「混合肌でベタつきが気になる」「さっぱりとしたスキンケアが好き」という方は、サラサラのテクスチャーを選んでくださいね。

美容液ですから多少のこってり感を残しつつ、ベタベタとしないタイプのものも発売されていますよ。これなら、さっぱり系の手持ちのスキンケアとの相性も抜群ですし、毎日のお手入れが楽しくなりますよね。

ブースター卵殻膜美容液のおすすめランキング

第1位 ビューティーオープナー

ビューティーオープナーの特徴
  • スペシャリストによって卵殻膜のパワーが最大限に活かされている
  • 口コミやメディアからも大絶賛の嵐!たしかな効果が期待できる
  • 極上のお手入れタイムが手に入るエッセンシャルオイルのスペシャルな香り

「とにかく効果を実感したい!」「卵殻膜のパワーを肌に十分に取り入れたい」という方にはビューティーオープナーがおすすめです。30代からの肌の悩みにとにかく速攻で効く、一滴で答えてくれる美容液ですよ。卵殻膜に詳しいスペシャリストの長年の研究結果を用いて作られていますから、卵殻膜の効果を最大限に発揮できること間違いなしです。

くすんだ肌に透明感をもたらしてハリを与えてくれるので、使ってすぐに肌が美しくなるが分かりますよ。口コミでもリピーターからの好評価が続出、テレビや雑誌などのメディアでも効果が絶賛されているのも魅力ですよね。

卵殻膜本来の優しい香りにプラスして、ローズマリーやレモングラスなどのエッセンシャルオイルを配合しているので、お手入れするたびに爽やかな香りに包まれるのも嬉しいポイントです。

現在のキャンペーン
初回限定で3,820円オフの1980円で1ヶ月分買える

第2位 チェルラーブリリオ

チェルラーブリリオ
  • 卵殻膜の力を引き出す独自の高濃度卵殻膜エキス
  • 卵殻膜にプラスして美肌効果の高い成分を豊富に配合
  • 疲れた肌、年齢肌にしっかりアプローチ!3日で速攻効果

テレビ通販で驚異の11冠を達成している、アルマードのチェルラーブリリオです。卵殻膜のパワーが、固くなった肌にも3日で届いてくれるので速攻で効果を実感していただけますよ。チェルラーブリリオの卵殻膜エキスは、他の商品と比べて実感力が桁違いなのも魅力のひとつです。秘密は、高濃度の卵殻膜エキスにあります。

アルマードは卵殻膜エキスの産みの親ですから、独自の加水分解技術を持っているのです。独自の技術によって、卵殻膜に含まれるアミノ酸やシスチンの量が格段にアップしてさらなる効果が期待できます。さらに、卵殻膜だけでなく、エイジング効果のあるフラーレン、肌を引き締めて柔らかさを維持するEGF、シミやシワに効くプロテオグリカンなどの魅力的な美容成分が配合されているのも嬉しいポイントですよ。

現在のキャンペーン
初回限定で4,520円オフの1960円で1ヶ月分買える

第3位 卵うす皮 さらっと美容液

卵うす皮 さらっと美容液
  • 卵殻膜が日常生活では補えないⅢ型コラーゲンをサポートしてくれる
  • こってり濃厚なのにサラサラで快適なテクスチャー
  • 合成着色料、合成香料、パラペン、鉱物油フリーで肌に優しい

濃厚なのにさらっとしていてベタつかない!毎日気持ちよく使っていただける美容液です。普段のお手入れ前に一滴プラスするだけで、卵殻膜の成分がどんどん肌に浸透していきますよ。肌全体に馴染ませたあとに手のひらで押さえることで、肌が美容液をグングンと吸い込むのを実感できます。保湿力もあるので、もっちりとやわらかい肌触りが手に入るのです。

合成着色料、合成香料、パラペン、鉱物油などを一切使用していないのも魅力的なポイントですね。敏感肌や肌トラブルに悩む方でも、安心して卵殻膜のパワーをスキンケアに取り入れることができますよ。無添加にこだわりのある方には是非試していただきたい商品です。日常生活では補えないⅢ型コラーゲンを唯一サポートしてくれます。

現在のキャンペーン
 特になし

卵殻膜に関するよくある質問まとめ

ここまで、卵殻膜美容液の選び方や、おすすめの卵殻膜美容液についてお話ししていきました。卵殻膜の基本的なことが分かったところで、卵殻膜についての疑問が出てきた方もいますよね。ここでは、卵殻膜に関するよくある質問をまとめて解決していきます。

導入液って一体なに?

ここまで読んでいて「そもそも導入液ってなに?」「導入液、ブースター、導入化粧水…何がなんだかわからない!」なんて思った方もいますよね。卵殻膜と同じくらい聞きなれない導入液とは、一体どのようなものなのでしょう?
導入液とは化粧水の前に肌に塗るスキンケアアイテムで、化粧水や乳液の美容成分を肌に浸透させる土台作りの役割があります。導入液を塗ることで肌が清潔になったり、確執が柔らかくなって、その後のスキンケアの成分がグングン肌に入っていってくれるのです。

導入液には拭き取り用、導入化粧水、導入美容液と種類があります。拭き取り用は洗顔で落としきれない汚れや、たまった角質を綺麗にしてくれますよ。導入化粧水と導入美容液は、肌の土台作りという面では同じです。ですが、導入美容液の方がテクスチャーがこってりとしていて、保湿やうるおいの補給に特化しています。

卵アレルギーの人でも使用して大丈夫?

悩みの多い肌を美肌に導いてくれる卵殻膜ですが、卵の薄皮が由来ということで「卵アレルギーだから使うのが怖い」「アレルギーがあるから諦めている」なんて方も多いのではないでしょうか?もちろん、卵の薄皮から生成している成分ですから、注意深く使った方が良いのは事実です。けれど、結論からいうとアレルギーが発症してしまう確率は極めて低いと言えますよ。

というのも、卵アレルギーを発症してしまう原因は卵の白身にあります。白身に含まれるオボアルブミン、オボムチンといった成分に反応してしまう場合が多いのです。卵殻膜にはこの二つの成分は含まれていませんから、そこまでアレルギーを心配する必要はありません。

とはいえ、全く可能性が無いというわけでないです。だからこそ、アレルギーのある方にはパッチテストがおすすめですよ。卵殻膜美容液を腕や手の甲に馴染ませて、24時間以上は様子を観察しましょう。痒くなったり赤くなったりしたら、使用を中止するのが安全と言えます。

3型コラーゲンってなに?

コラーゲンとは、人の肌の約7割を占めている大切な成分です。美肌の要となるコラーゲンにはⅠ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲンがあります。Ⅲ型コラーゲンはⅠ型コラーゲンを健やかに保つ役割があり、Ⅰ型コラーゲンの現象を防いでくれる成分です。そうすることで、肌にハリが出てプリプリの弾力をキープすることができますよ。

パンと張った、みずみずしい肌を保つためにはⅢ型コラーゲンが欠かせないのです。また、Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に豊富に含まれていることが分かっています。誰もが羨む赤ちゃん肌は、Ⅲ型コラーゲンの力によって出来上がっているのです。Ⅲ型コラーゲンが減ることで、シワやたるみが気になったり様々な肌の悩みが訪れてしまいます。

卵殻膜美容液って自分で作れないの?

卵殻膜美容液は、成分が卵の薄皮という身近なものですから「わざわざ買わなくても自分で作れそう」「薄皮を直接食べれば効果が得られるの?」と思う方も多いのではないでしょうか?実際にネットなどでは「自分で卵殻膜美容液を手作りしてみた」という情報も発見しました。たしかに、高い美容液を買わずに身近にある卵から、卵殻膜のパワーを得られるのならラッキーですよね。

ですが、卵殻膜の力は美容液やサプリメントを通さないと実感することは不可能と言えます。卵殻膜美容液は卵の薄皮をしっかりと加工して、美容成分として肌に取り入れられるように作られているのです。さらに、卵殻膜の他にも美肌効果のある成分が含まれていて、相乗効果によって肌へのアプローチができます。

ですから、直接薄皮を食べたからといって、卵殻膜の効果を肌に反映することはできないのです。そして、卵殻膜美容液を手作りするのは極めて危険ですからやめておきましょう。手作り卵殻膜美容液の原材料は卵ですから、ブドウ球菌などの雑菌が繁殖するのに好条件の環境になります。

雑菌だらけの美容液を肌に塗ってしまうことになるので、せっかくのその後のスキンケアも台無しになってしまいますよ。さらには雑菌だけでなく、炎症を起こしてしまったり肌トラブルの原因になることも多いです。一見お得に感じる手作り美容液ですが、その後の代償を考えると避けておくのが無難でしょう。

卵殻膜美容液の使い方のコツは?

美容液の使い方って、分かっているようで曖昧な部分が多いですよね。せっかく効果の高い卵殻膜を使用している美容液ですから、コツを抑えて効果を十分に感じられるようにしましょうね。使い方のコツは、手のひらに馴染ませてから塗り込むことです。そうすると、浸透のスピードが上がって、成分を無駄なく肌に反映させることができますよ。

さらに、乾燥のひどい部分やシワの深い部分には、重ねて塗り込むことで悩みが改善しやすくなります。そして、当たり前ですが量をケチらずに使うことが大切です。卵殻膜美容液は効果の高さゆえ、ドラッグストアなどで手に入る美容液よりも値段が張ります。もったいないからといって適量を使わないと、成分が行き渡らずに無駄となってしまいますよ。

卵殻膜美容液はいつ使えば良いの?

良くある質問では「美容液っていつ使うの?」「効果が出やすいタイミングはあるの?」という疑問も耳にします。たしかに、美容液を使うタイミングって分かりにくいですよね。基本的には、お手入れの一番最初に使うことがおすすめです。そうすることで、肌が化粧水や乳液をより取り込みやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です